法律

妊娠中・妊婦の電子タバコVAPE(ベイプ)やiQOS喫煙は危険?安全?

妊婦 電子タバコ

「今まで喫煙者だったのに妊娠をしたからといって、急に禁煙することができない…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで昨今話題になっているiQOS(アイコス)の喫煙はどうなのでしょうか。

「タバコに比べて9割も有害物質有害物質が削減されている」という情報もありますが、赤ちゃんへの健康被害はいかがなものでしょうか。

その前に「なぜ妊娠中にタバコを吸ってはいけないのか」

妊婦 電子タバコ

まずは妊娠中にタバコを吸ってはいけない理由を再確認しましょう。

妊娠中の喫煙は胎児の発育遅延に影響します。生まれてくる際に極端に体重が少なかったり、生まれてきてからの知能低下なども懸念されています。

また無事に産まれてくればまだ良いものの、流産の確率が増え、早産にもなりやすいと言われています。生まれてくる子供には罪はないものの、妊娠中の喫煙は子供の一生を左右するほどの大事な出来事といえます。

ここまで見てみると「絶対にタバコをやめなきゃ…」と感じる方も多いかと思いますが、逆にそれがプレッシャーになり、ストレスになってしまう可能性もあります。

それではどのように妊娠中の禁煙と付き合っていけばいいのでしょうか。

タバコがダメならiQOSで我慢…意味がある?

妊婦 電子タバコ

タバコがダメならせめてiQOSだけでも吸いたい…。そう思っている方。結論からいうと「iQOSも控えたほうが良い」です。

タバコよりは有害物質も少なく、体に与える悪影響は少ないですが、0ではありません。「タバコがどうしても我慢できない」という方には、「タバコよりはマシ」というスタンスであればiQOSのほうがベターだといえます。

iQOSは匂いがつかなかったり、副流煙が出ないことから、妊娠中の方が近くにいる際には「周りの人は気を使ってiQOSを使う」というのは良い配慮だといえます。(もちろん吸わないことが一番ですが)

タバコもiQOSもダメだとストレスがたまる…

妊婦 電子タバコ

ここまで見てきて「結局タバコもiQOSも妊娠中はダメなのか…」と肩を落としている人も多いかもしれませんが、妊娠中はやはり避けたほうが良いでしょう。

しかし、、

妊娠中はつわりに始まり、体調不良や体の変化にによるストレス、また私生活のリズムも変わるのでそういった面でもストレスを感じやすい時期だといえます。

挙げ句の果てに、禁煙補助(ニコチンガム・ニコチンパッド)も妊娠中の安全が保障されていないので、使用は控えたほうが良いと言われています。

「どうしても吸いたい…」という人はどうすれば良いでしょう?

タバコ・iQOSがダメなら…電子タバコは?

最後の砦電子タバコですが、こちらもベストとは言えません。

タバコよりiQOSが安全、iQOSよりも電子タバコが安全、というように順に安全性が増えて行くイメージですが、それでも100%胎児に影響を与えないわけではありません。

また電子タバコといっても様々な種類があります。一番いけないのは、ニコチン入りの電子タバコを使用することです。過去の記事でも妊娠中の電子タバコ使用の注意点を記載しましたので、参考にしてみてください。

いかがでしたか?

妊娠中の禁煙はいろいろなストレス要因も重なりとても大変かと思います。

どうしても我慢できない場合は、電子タバコ > iQOS > タバコの順で吸うのが良いかと思います。が、胎児の事を考えればもちろん何も吸わない事が最適かと思います。

ストレスを溜めすぎないように自分なりにタバコと向き合い、改善していく事を願っております。

ABOUT ME
Jonny
Jonny
実は2013年からVAPEを愛用し始めた古株VAPEユーザーのJonnyです。オススメのVAPEブランドや初心者にぴったりなVAPE、コアなユーザーに向けた商品レビューなんかのスペシャルな情報を発信していきます!